日本全国婚活パワースポット紹介 兵庫編|兵庫の婚活パーティーならエクシオ

兵庫の婚活パーティー・お見合いパーティーならエクシオ

ご予約・
お問い合わせ
050- 5531- 9451

head_menu

日本全国婚活パワースポット紹介 兵庫編

> 日本全国婚活パワースポット紹介 兵庫編

誰とでもすぐ親しくなり、会話でも明るく笑いを取る兵庫県人。兵庫県には、人情味溢れる下町の情景あり、芦屋のような高級住宅街あり、神戸のようなモダンな港町もあり・・・本当に様々な顔を合わせ持っています。お隣の大阪府と比べて少し上品に感じるのはこのためでしょうか。
恋愛や婚活において、会話が楽しくその場を盛り上げてくれる方は人気がありますし、モテるのは言うまでもありません。でも、盛り上げるだけ盛り上げて、いざ帰る時になったら一人取り残されていた!?そんな報われない経験をしたことのある方もいるのではないでしょうか。
ここでは恋愛の神様に見放されないように、パワースポットを御紹介致します。是非小旅行で訪れて、そのみなぎるパワーを享受して下さい。そうすれば、婚活の神様はきっとあなたの味方をし、努力を認めて下さるはずです。

生田神社

生田神社

住所〒650-0011 兵庫県神戸市中央区下山手通1-2-1
アクセスJR三ノ宮駅より徒歩5分
電話番号078-3 21-3851
URLhttp://www.ikutajinja.or.jp/

美しい朱色の柱に淡い灰緑の屋根が大変美しい神社です。春には桜の名所としても名高く、大勢の人が訪れます。建立されたのは、なんと約1,800年前。御祭神は、稚日女尊(わかひるめのみこと)で、天照大神(あまてらすおおみかみ)の妹神と伝えられ、万物を生み育て成長を御加護する女神様として知られています。
ここで販売されている紅白のお守りが恋愛に効くと評判です。カップルでお参りし、男性は白いお守り、女性は赤いお守りをそれぞれ持っていると二人はめでたく結ばれると言われています。
また、境内の松尾神社にある杉の木にはみなぎるパワーがあると言われ、その杉の木に向かって心を落ち着かせ、一心に恋愛成就を願うとその願いが叶えられると言われています。パワースポットのパワーを頂きたいのならば、「心の邪悪を取り払って一心に願う」。そんな昔ながらの方法が受け入れられているようです。

氷室神社

氷室神社

住所〒52-0054 兵庫県神戸市兵庫区氷室町2-15-1
アクセス神戸電鉄有馬線長田駅より徒歩16分

「兵庫県内で最強のパワースポット」「オカルト研究家が選ぶパワースポットNO.1」そんな異名を持つここ氷室神社は、山中にひっそりと佇んでいます。
少し奥に氷を保存するための洞窟(氷室)があることから、この名前が付いたと言われる氷室神社。ここは、「なんとなく」や「ついでに」という軽い気持ちで訪れてはいけないそうです。「必ず恋愛成就させる!」と強い意志を持って訪れないといけません。
そんな願いを叶えてくれるのがこの神社の中にある「恋愛ポスト」。手紙に願いを記し、ポストに投函すると、その恋愛は見事に実るのだとか。決して派手さはなく、小さくて目立たない神社ですが、だからと言ってパワーも小さいとは限りません。是非そのパワーの大きさを実感しに訪れてみて下さい。

伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)

伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)

住所〒656-1521 兵庫県淡路市多賀740
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 津名一宮ICより車で5分
電話番号0799-8 0-5001
URLhttp://izanagi-jingu.jp/

淡路島内にあり、日本最古の神社の一つと言われており、古事記・日本書紀の中にこの神社に関する記載があります。その落ち着いた色合いと古美術品を思わせるような外観から、歴史の長さを感じ取ることが出来ます。
この神社の御祭神は「伊弉諾大神(いざなぎのみこと)」と「伊弉冉大神(いざなみのみこと)」。夫婦を祀っていることから、恋愛成就や夫婦円満に大変ご利益があると言われています。
こちらの境内には樹齢約900年とも言われる楠が堂々と鎮座しており、恋愛におけるパワースポット。もともと2本の楠だったのが根を合わせて一緒に成長して1つの株となったもので、「夫婦大楠」とも言われています。寄り添うように一緒に成長している楠の様子からは、見ているだけで夫婦愛を感じることが出来るでしょう。まさに「淡路島の霊場」、兵庫県下で唯一の「神宮」に昇格した神聖な場所です。

おのころ島神社

おのころ島神社

住所〒656-0423 兵庫県南あわじ市榎列下幡多415番地
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 西淡三原ICより車で5分
電話番号0799-4 2-5320
URLhttp://www.freedom.ne.jp/onokoro/

淡路島内にあり、日本の神々が誕生した聖地と言われています。御祭神は「伊弉諾大神(いざなぎのみこと)」と「伊弉冉大神(いざなみのみこと)」。夫婦を祀っていることから、良縁堅固、夫婦和合などにご利益があると言われています。 境内にある「鶺鴒(せきれい)石」は絶対に訪れたいスポット。夫婦の御祭神は、石の上につがいの鶺鴒が止まって夫婦の契りを交わしている姿をご覧になり、お互い夫婦の道を開いて子供を授かったと言われています。
ここにお参りしてご利益を享受したい場合は、ちょっとした作法があります。
①新しい出会いを求めている場合:白→赤という順序で縄を握り、お祈りします。
②今の恋人との絆をさらに深めたい場合:赤→白という順序で縄を握り、お祈りします。
③カップルで今後の愛をさらに深めたい場合:赤い縄を男性が握り、白い縄を女性が握り、二人でお祈りをします。
こんな神々しい作法を是非実際に行ってみて下さい。心が洗われ神聖な気持ちになれるでしょう。

Page TOP

© EXEO JAPAN All Rights Reserved.